羽(∪_∪)羽”
by ぢぇみに
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Infomation
【迷惑トラバ対策実施中】
本ブログは『それなり』に健全な方を対象としています。
ネットで気持ちよく遊ぶためのマナーとして、トラックバックの際には、対象記事へのリンクをお願いしまするぅ。




■点取り占い様■点取り占いブログパーツ

↑、放浪猫さんの放浪猫の遊び場で教えてもらいました~

AX
ブログジャンル
検索
ファン
カテゴリ
全体
◆ Profile ◆
▼ 路傍観察レポート
▼ 散歩すすんで...
▼ イヌカン
▼ ごくたん
▼ ぢぇみにコレクション
▼ TrackBackIvent
▼ ぶろぐ千社札
▼ NIOHNGO研究室
▼ めーげん集
▼ Books & Movies
▼ セカイノケッペン
▼ LinkLink!!
▼ 只今外出中
未分類
最新の記事
空白の一時間
at 2017-07-31 15:40
どぅいっとまいせるふ
at 2017-06-26 00:00
誰そ彼
at 2017-05-24 23:21
さくら
at 2017-04-06 09:17
こうり
at 2017-01-17 20:09
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
タグ
(100)
(92)
(52)
(37)
(37)
(31)
(24)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(6)
(6)
(4)
(3)
(2)
最新のコメント
▽ 阿壇さん: おめで..
by jemini-web at 22:35
明けましておめでとうござ..
by as-o2 at 15:41
▽ こづつみさん: 布..
by jemini-web at 23:30
そこに「横溝注意」の看板..
by kozutuming at 08:31
▼ こづつみさん: あ..
by jemini-web at 19:47
▼ どっさん: モダン..
by jemini-web at 19:42
猫の恩返しの猫王様はコレ..
by kozutuming at 23:35
美術館らしい展示はあまり..
by Doss_net at 23:30
▽ 阿壇さん: ああな..
by jemini-web at 18:03
他の地域では昔「白い..
by as-o2 at 16:14
▽ こづつみさん: そ..
by jemini-web at 11:29
いいですね~ からくり..
by kozutuming at 22:27
さかな君カッコいいですよ..
by coeurdefleur at 23:11
▽ 柊さん: しーっ!..
by jemini-web at 22:25
ギョうさん やわ〜^ ^
by coeurdefleur at 12:01
▽ 阿壇さん: 朝の撮..
by jemini-web at 22:55
▽ こづつみさん: サ..
by jemini-web at 22:45
桜の季節ですねぃ。私も撮..
by as-o2 at 19:12
あらま、サバではないので..
by kozutuming at 01:16
▽ 柊さん: よくよく..
by jemini-web at 22:23
最新のトラックバック
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
我が家の場合(re:スー..
from Adan Kadan Blog
久しぶりの、トラック・バ..
from 『どBlog』
東照宮 @日光
from 無為に時を過ごす/二度出し御免
いやもうただ
from footprint2mina 
いくらなんでも どんだけ~?
from 異次元同調亜空間振動装置
忘れていた忘れ傘
from 異次元同調亜空間振動装置
双空
from 北の夢想科学小説
ライフログ
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧

あわせて読みたい

カスタマイズに特化したブラウザ Sleipnir。上級者のために。
倉関門行 -小倉城天守-
さて、小倉・下関・門司行の話題にそろそろ移りますか。


新幹線で小倉に到着して、まず最初に向かったのは北九州のランドスケープのひとつ、小倉城。

江戸時代は主に小笠原氏の居城として使用されていたんですが、築城したのは細川忠興との事。
(それまでも砦か館といった感じのレベルでは存在していたようなんですが、天守閣を築き近代城郭化したのが忠興であるらしい)


細川忠興?なんか聞いたことがあるような、無いような。

という感じでうろ覚えな方もいらっしゃるかもしれませんが、日本史好きの中ではそこそこに重要な人物でして。


細川忠興 (ほそかわ ただおき)
室町末期に将軍 足利家の臣下として生まれ育った忠興であるが、織田信長→豊臣秀吉→徳川家康と権力交代の節目節目で善く主君を選択し、後に熊本藩主となる。

本能寺の変後は義父となる明智光秀の誘いに載らず静観、逆に関ヶ原の戦いにおいては早期に徳川方参加への表明を行うなど、その去就は他の大名の行動に影響を与え、歴史のターニングポイントにおけるキーパーソンであったとも言える。

また、そういった戦国大名としての顔の他に、風流人・文人としても高い評価を得ており、利休七哲の一人にも数えられる人物である。


といった事はまあさておいて。


諸処の功績よりも、ぶっちゃけ「細川ガラシャのダンナ」と呼んだ方が実は通りが良いという、努力の割に報われていない感じのする偉人。


で、その忠興さんが造らせたという天守閣がこちら。




a0004423_2353184.jpg

ばばん。

...と言っても、この天守閣はおらが国の大阪城同様に戦後再建されたものでして、コンクリート製の外見
復元天守。中に入ってしまうとただの近代ビルでしかないという、ちょっとがっかり感もあります。

(という話を読んで端的に「ああ、残念な天守閣なんだな」と結論づけてはいけない。
確かに古風な風格を楽しむという点では残念ではあるんだけど、こういった再建天守は総じてバリアフリー化が進んでいるものが多く、足腰の弱い方なども登城できるという利点もあるわけで、「視点をどこに持ってくるか」により結論は変わってくるのです。)


場内はギャラリー・展示室になってまして、その中でもウリなのが
a0004423_23532357.jpga0004423_23532080.jpg

「迎え虎」と「送り虎」。

えーと、ぼーっとしてたんでよくはわからんかったんですが、小倉城のHP「小倉城が焼失した慶応2年寅年(1866)に因んで描かれた」ってあるので、おそらく現代の作品なんでしょうね。
モデルとなる虎さんが江戸時代の日本には居なかったので、こんなリアルな虎の絵は明治以降でないと殆ど見られない。


個人的に面白かったのは、
写真撮影OKかどうか分からなかった(送り迎えの虎はOK)ので、画像が無いんですが武蔵の櫂の木刀、小次郎の物干竿、普通の剣の模造品。

武蔵が小倉藩ゆかりの人物(養子の伊織は小倉藩家老)と言うことで置いてあったんですが、これは実際に持って重さ比べをしてみる事が出来るので武蔵・小次郎の臂力を実感することが出来る。

両手で持つと「意外に軽い」と思う方もいるかもしれませんが、命がけの決闘の中であの重さの棒をぶん回すと言うのは、ものすごい度胸か並外れた腕力が必要になります。相手よりも一瞬でも振り遅れたら、頭から血がぴゅーって吹き出しますからね。



あと、もう一つ気に入ったのが、コレ。

a0004423_23532571.jpg
a0004423_23532797.jpg
閂。

「いや、実態はコンクリートのビルなんだから普通の鍵かけても良えやん」とは思うんですが、なぜか律儀に閂錠。
でも、古風な木の閂じゃなくて、金属製で頑丈さもアピール。

なんか、佐賀式防犯錠とかいうタイプらしいんですが、どこか頼りになりそうなフォルムがそそりますねぇ。



Written by ぢぇみに

[PR]
by jemini-web | 2011-08-26 00:33 | ▼ 散歩すすんで... | Comments(0)
<< 開花 開花 >>