羽(∪_∪)羽”
by ぢぇみに
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Infomation
【迷惑トラバ対策実施中】
本ブログは『それなり』に健全な方を対象としています。
ネットで気持ちよく遊ぶためのマナーとして、トラックバックの際には、対象記事へのリンクをお願いしまするぅ。




■点取り占い様■点取り占いブログパーツ

↑、放浪猫さんの放浪猫の遊び場で教えてもらいました~

AX
ブログジャンル
検索
ファン
カテゴリ
全体
◆ Profile ◆
▼ 路傍観察レポート
▼ 散歩すすんで...
▼ イヌカン
▼ ごくたん
▼ ぢぇみにコレクション
▼ TrackBackIvent
▼ ぶろぐ千社札
▼ NIOHNGO研究室
▼ めーげん集
▼ Books & Movies
▼ セカイノケッペン
▼ LinkLink!!
▼ 只今外出中
未分類
最新の記事
空白の一時間
at 2017-07-31 15:40
どぅいっとまいせるふ
at 2017-06-26 00:00
誰そ彼
at 2017-05-24 23:21
さくら
at 2017-04-06 09:17
こうり
at 2017-01-17 20:09
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
タグ
(100)
(92)
(52)
(37)
(37)
(31)
(24)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(6)
(6)
(4)
(3)
(2)
最新のコメント
▽ 阿壇さん: おめで..
by jemini-web at 22:35
明けましておめでとうござ..
by as-o2 at 15:41
▽ こづつみさん: 布..
by jemini-web at 23:30
そこに「横溝注意」の看板..
by kozutuming at 08:31
▼ こづつみさん: あ..
by jemini-web at 19:47
▼ どっさん: モダン..
by jemini-web at 19:42
猫の恩返しの猫王様はコレ..
by kozutuming at 23:35
美術館らしい展示はあまり..
by Doss_net at 23:30
▽ 阿壇さん: ああな..
by jemini-web at 18:03
他の地域では昔「白い..
by as-o2 at 16:14
▽ こづつみさん: そ..
by jemini-web at 11:29
いいですね~ からくり..
by kozutuming at 22:27
さかな君カッコいいですよ..
by coeurdefleur at 23:11
▽ 柊さん: しーっ!..
by jemini-web at 22:25
ギョうさん やわ〜^ ^
by coeurdefleur at 12:01
▽ 阿壇さん: 朝の撮..
by jemini-web at 22:55
▽ こづつみさん: サ..
by jemini-web at 22:45
桜の季節ですねぃ。私も撮..
by as-o2 at 19:12
あらま、サバではないので..
by kozutuming at 01:16
▽ 柊さん: よくよく..
by jemini-web at 22:23
最新のトラックバック
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
我が家の場合(re:スー..
from Adan Kadan Blog
久しぶりの、トラック・バ..
from 『どBlog』
東照宮 @日光
from 無為に時を過ごす/二度出し御免
いやもうただ
from footprint2mina 
いくらなんでも どんだけ~?
from 異次元同調亜空間振動装置
忘れていた忘れ傘
from 異次元同調亜空間振動装置
双空
from 北の夢想科学小説
ライフログ
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧

あわせて読みたい

カスタマイズに特化したブラウザ Sleipnir。上級者のために。
その「中心地」より
さてさて。
これから暫くこのブログは長崎ネタが続いて行くわけですが、観光で長崎に行ったと言えば、どうしても避けようの無い話題が一つ。

少し重い話にはなりますが、順序としてまずはここから行きますか。



1945年8月9日 11時2分

a0004423_19151794.jpg


写真中央の黒い石柱。まさにその場所に原子爆弾が投下された。




死者はおよそ7万4千、そして当時はもとより、未だ放射能の影響による疾患に苦しむ人も多い。


a0004423_1915373.jpg

長崎の反核のシンボルとも言える平和祈念像。

...正直なところ、造形的には納得行かない(素人のクセに失礼!)ものはあるけど、むしろこの像については見た目よりも、込められた想いの方が重要。
作成した一人の彫刻家の想いもさることながら、その後、これを見た人々の想いも一身に背負っている。

a0004423_19155183.jpg

平和祈念像の周りの木に、まるで炎が渦巻くかのような姿のものがあった。

a0004423_19155777.jpg

実際には爆心地に近接しているこの場所では、草木はこんな生易しい火で焼かれるという状況では無かっただろう。
けれども、まるで大地の記憶を吸い出したかのように身悶える姿が心に残る。



a0004423_191622.jpg

長崎原爆資料館。

子から孫の代へ、孫からひ孫の代へと世代が変わって行き、記憶というものが失われつつある中で、「モノ」は「その時」の悲しい出来事を色濃く記憶している。


...確かに、こりゃいかんわ。


人と人が殺し合う戦争ってのはもとよりいかん事なんだけど、コレはその中でも特にいけないモノだ。

およそこれは、人の心を持ってる者であれば、いかなる状況であっても使うべきではないモノだ。




a0004423_1916865.jpg

原爆資料館から平和祈念館へと抜ける通路の脇に薔薇が咲いていた。

a0004423_19161462.jpg

アンネの薔薇。


ベルギーの育成家がアンネ・フランクの父に送った新種の薔薇を元にする種だそうな。

風に揺れる花の舞いに、どういう意味を感じるのか。

そっと目を閉じて考えてみるのも良いかも知れない。
[PR]
by jemini-web | 2009-06-23 21:51 | ▼ 散歩すすんで... | Comments(4)
Commented by bucmacoto at 2009-06-24 20:47
6/23(沖縄戦終結),8/6(ヒロシマ),8/9(ナガサキ),8/15(終戦)
この四つの記念日はこれからも日本が忘れてはならない日であると、皇太子時代の今上天皇も仰ったと伝えられています。
長崎のファットマンはプルトニウム型原子爆弾で、広島の1.5倍(TNT換算22Kt)でしたね。

ナチスのホロコースト、原爆、歴史は変えられないけれど繰り返さないために語り継いでゆくことは大切なことなのだと思います。
自blog記事(拙文・拙詩です)>http://bucmac.exblog.jp/2474722/
Commented by jemini-web at 2009-06-24 23:02
▽ bucmacoto さん:
bucmacoto さんの記事、拝読しました。

「忘れてはならない」というか、もはや私たちにとっては「体験していない事」ですから、まずは「知っておくべき事」になってるんですよね。
と同時に、国内生産力を軽視した徴兵や、補給線の確保もままならないままの戦線拡大によって、終戦後に国内外で発生した餓死者等、それほどクローズアップされない戦争の犠牲者もいる事も知っておかなければならない。

なんと難しい話なんでしょうね。
Commented by uguugu333 at 2009-06-26 04:02
原爆ドームに比べるとシンプルというか、石柱は慰霊碑とかでしょうか?
世界で唯一の被爆国として、世界に非核化を訴え続けてほしいものです
Commented by jemini-web at 2009-06-27 22:43
▽ うぐ太さん:
慰霊碑じゃなくて、確か「モニュメント」扱いだったように思います。
もしかしたら、長崎って神・仏・キリスト教の混交した町ですから、誰もが訪れる事ができるよう、宗教性をできるだけ排除したのかもしれませんね。

原爆ドームにあたる、ほぼ直撃を受けた建物としてはキリスト教の教会であった浦上天主堂があったそうなんですが、長崎のカトリック教会が歴史的背景もあるので教会を移転させずに再建する事を希望した事もあり、被爆した建物は撤去されたそうです。
原爆ドームのように、崩壊しかかった建造物を修理せずにそのままの状態で保存するというのは非常に稀な話なので、保全費用の問題もあったみたいですが。
(このあたりはWikipediaをカンニング)

ただ、爆風で吹き飛ばされた鐘楼(アンジェラスの鐘)は落下したそのままの状態で遺されています。
爆心地のモニュメントと、アンジェラスの鐘を目の前にした時には何に祈るのでも無いですけど、思わず黙祷を捧げてしまいました。
<< ミニチュアな旅 と、言うわけで >>