羽(∪_∪)羽”
by ぢぇみに
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Infomation
【迷惑トラバ対策実施中】
本ブログは『それなり』に健全な方を対象としています。
ネットで気持ちよく遊ぶためのマナーとして、トラックバックの際には、対象記事へのリンクをお願いしまするぅ。




■点取り占い様■点取り占いブログパーツ

↑、放浪猫さんの放浪猫の遊び場で教えてもらいました~

AX
ブログジャンル
検索
ファン
カテゴリ
全体
◆ Profile ◆
▼ 路傍観察レポート
▼ 散歩すすんで...
▼ イヌカン
▼ ごくたん
▼ ぢぇみにコレクション
▼ TrackBackIvent
▼ ぶろぐ千社札
▼ NIOHNGO研究室
▼ めーげん集
▼ Books & Movies
▼ セカイノケッペン
▼ LinkLink!!
▼ 只今外出中
未分類
最新の記事
伊予行脚 -こま-
at 2017-10-09 22:43
朝ポタ(4)
at 2017-10-09 07:06
うへ
at 2017-10-08 10:39
朝ポタ(3)
at 2017-10-07 08:44
伊予行脚 -ふきあげ-
at 2017-10-03 00:07
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
タグ
(100)
(92)
(52)
(37)
(37)
(31)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
(16)
(6)
(6)
(4)
(3)
(2)
最新のコメント
で、調べてみた。 …わ..
by jemini-web at 23:34
▽ 阿壇さん: おめで..
by jemini-web at 22:35
明けましておめでとうござ..
by as-o2 at 15:41
▽ こづつみさん: 布..
by jemini-web at 23:30
そこに「横溝注意」の看板..
by kozutuming at 08:31
▼ こづつみさん: あ..
by jemini-web at 19:47
▼ どっさん: モダン..
by jemini-web at 19:42
猫の恩返しの猫王様はコレ..
by kozutuming at 23:35
美術館らしい展示はあまり..
by Doss_net at 23:30
▽ 阿壇さん: ああな..
by jemini-web at 18:03
他の地域では昔「白い..
by as-o2 at 16:14
▽ こづつみさん: そ..
by jemini-web at 11:29
いいですね~ からくり..
by kozutuming at 22:27
さかな君カッコいいですよ..
by coeurdefleur at 23:11
▽ 柊さん: しーっ!..
by jemini-web at 22:25
ギョうさん やわ〜^ ^
by coeurdefleur at 12:01
▽ 阿壇さん: 朝の撮..
by jemini-web at 22:55
▽ こづつみさん: サ..
by jemini-web at 22:45
桜の季節ですねぃ。私も撮..
by as-o2 at 19:12
あらま、サバではないので..
by kozutuming at 01:16
最新のトラックバック
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
我が家の場合(re:スー..
from Adan Kadan Blog
久しぶりの、トラック・バ..
from 『どBlog』
東照宮 @日光
from 無為に時を過ごす/二度出し御免
いやもうただ
from footprint2mina 
いくらなんでも どんだけ~?
from 異次元同調亜空間振動装置
忘れていた忘れ傘
from 異次元同調亜空間振動装置
双空
from 北の夢想科学小説
ライフログ
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧

あわせて読みたい

カスタマイズに特化したブラウザ Sleipnir。上級者のために。
カテゴリ:▼ めーげん集( 12 )
さてさて、ここ最近の日本経済はと言いますと、昨年のサブプライムローンに端を発した世界的な経済危機にあり、民間企業も非常に厳しい状況にあって我々も財布の紐をこう、固く締めて...

そんなこと言うてるさかい、あけへんねん。
心まで貧乏すなよ、ええ。
気で気を養うという事を知れ、お前
(落語「貧乏花見」 / 出典:「桂米朝コレクション 一 四季折々」桂米朝 筑摩書房)

なるほど。

無い袖なんてものは振れないし、賢くお金を使う必要というのはあるかも知れない。

けど、「不況だー」、「金が無ぇー」 と騒いで縮こまっているだけでは心が貧しくなるだけ。


と言うわけで、不景気の時には出かける場所だけでも景気よく、

[More...]
[PR]
by jemini-web | 2009-04-17 18:12 | ▼ めーげん集 | Comments(6)
この一連の言葉は、今日、もしかすると最も多くのブログに書かれる内容なのかもしれない。

けれどもまあいっか、

このブログ主の備忘録代わりとして記しておく。

"I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character. "


この言葉をあれこれと論ずる事が出来るほど、ここのブログ主は教養もなければ主張らしきものも、持ち合わせてはいない。

それどころか当時の黒人の置かれていた立場も知らなければ、King氏の活動も良くは解っていない。
演説の内容どころか英文の意味さえ、分かっていないところが多い。

つまるところ、この演説を理解しているとは到底言い難い。


けれども。


この「夢」が、ゆっくりと、迷いながらではあるけれど、一歩一歩着実に、

実現の方向に向かっていたんだ、という事は確かだと思う。


一見、他国の人間には派手さばかりが売りのようにも見えるAmerican Spirits。

その根底にはそういう、静かではあるけれども強い力が流れているのかもしれない。
[PR]
by jemini-web | 2009-01-21 00:10 | ▼ めーげん集 | Comments(2)
京都市東山区 安井神社(安井金比羅宮)。

この神社には上方落語の大御所 桂米朝さんが中心となって、主に関西を活躍の場とする芸能人の絵馬が納められています。

その中の一つに、イーデス・ハンソンさんの絵馬を発見。

a0004423_6194058.jpg

木登り 安全
いいです はんそん





き、木登り...安全んんんん?????

えーと、「木登り」というのは、これは「木を登る」という意味ですね。

で、安全祈願であると。

...

......

.........だめだ、考えれば考えるほど解らなくなって来た。

ということで、ちょっとGoogleでカンニング。

ハンソンさんは「花の木登り協会」という本を著してらっしゃるそうな。

ふむふむ。

でもやっぱり、なかなか唐突で、うむ、なかなかの絵馬ですね。はい。


Google Map
[PR]
by jemini-web | 2007-06-27 06:42 | ▼ めーげん集 | Comments(2)
京都市東山区 安井神社(安井金比羅宮)。

この神社には上方落語の大御所 桂米朝さんが中心となって、主に関西を活躍の場とする芸人さんの絵馬が納められています。

その中の一つに、桂枝雀さんの絵馬を発見。

a0004423_0404437.jpg

蝸牛 そろそろ 登れ 富士の山
かつら枝雀


うむむ...。

何といいましょうか。

「爆笑王」と異名で称された名人にしては意外すぎるほとに謙虚な。

しかしまた

枝雀師匠らしいと言えば、なんとも枝雀師匠らしい。

いやなんというか

「蝸牛 そろそろ登れ 富士の山」

枝雀さんほどの実力者が遺した言葉であるがゆえに、なんとも奥深い言葉です。



...右下の似顔絵もなんとも可愛い(笑)

Google Map
[PR]
by jemini-web | 2007-06-27 01:06 | ▼ めーげん集 | Comments(0)
Viva La Vida.
フリーダ・カーロ 「スイカ」

またもNHKの「迷宮美術館」から引っ張り出してきた...今度は言葉。
メキシコの女性画家、フリーダ・カーロの遺作に書かれた言葉。
日本語にすると「人生は素晴らしい」という事らしい。
単純な言葉だから彼女の言葉というよりはスペイン語圏での一般的な言葉なんだろうと思う。
カーロの絵は正直あんまり好きでは無いんだけど、スイカという絵は切り口の生々しい赤と、表皮の生き生きした緑が鮮やかで「生命」感を感じさせてくれる。
まあ、「これが遺作だ」という先入観があるからかもしれないけど。

言葉の内容はまあ、巷に溢れる「前向きに生きようよ」本なんかでよく見かける感じでどうという事もないんだけど、音が気に入った。

ヴィヴァ・ラ・ヴィーダ!

「V」の音の連続。
というか、「La」(→英語でいうトコロの「is」?)を除けば全ての子音が濁音。
「人生は素晴らしい!」と普通の日本語で言うより音遊びの感覚があって楽しい。

ヴィヴァ・ラ・ヴィーダ! Viva La Vida!

なんとなく、声に出してみると楽しくなってくる言葉。
[PR]
by jemini-web | 2005-10-08 22:28 | ▼ めーげん集 | Comments(3)
久しぶりに「めーげん集」なんだけど、実は「めーげん」じゃなくて、名画。

「毎回欠かさず」というと嘘になるけど、出来る限り見逃さないようにしてるのがNHK-BSの「迷宮美術館」。

飄々とした司会の段田安則さんの語り口。
コミカルな中にも高等なテクニックがふんだんに散りばめられた中村有志さんのパントマイム。
そしてなにより番組を飾る名画と、毎回趣向を凝らしてそれを魅せようとする番組構成。

いや、ホント楽しませてくれます。

その番組の中でポン、と飛び込んできた画像。

(念のため、Googleのイメージ検索リンクも入れておこう → )

うわ、やられた。

クレーの作品?

こんな絵も描いてたんだ。


調べてみると日本パウル・クレー協会のHPのトップ絵になったりして、どうやら有名な絵らしいんだけど、クレーって言うとオイラはもっと抽象的な絵した見たことが無くて、「『抽象画』ってほんと解り辛いんだよなー」とか思ってた。

あーなんか、頭殴られたような感じだ。

「素朴な」と言えば、日本では 円空仏 なんかもそんな感じで、「いいなー」とか思いつつも、これが日本を代表する芸術だなんて言われた日には「こんなんでいいの?」とか笑っちゃう感覚があるんだけど、それに通じる物がありますね。

でもやっぱり、いいよなぁ。こういうの。
[PR]
by jemini-web | 2005-09-03 22:28 | ▼ めーげん集 | Comments(8)
折に触れ、自ずと思い出してしまう

そんな言葉を「名言」というのなら

以下に記す言葉は正に「名言」であろう。



心まで凍り付いてしまいそうなこんな夜には

この言葉がよく似合う。


とどまり無い寒さを表現しながらも

そこはかとない悲しみを全身に滲ませながらも

どこか、心に暖かみを残してくれる言葉。


そう、彼の言葉は何時だってそうだったのである。


心に残る、名文句。



今夜はとってもヒヤシンス 明日は雪がフリージア
今泉慎太郎 「古畑任三郎 / しばしのおわかれ」より


けだし、名言である。

いやー、しばれるなっす~


2005/02/01 追記.
つってたら、まぢに雪ふってもた。
さっぶぅ~
[PR]
by jemini-web | 2005-02-01 00:05 | ▼ めーげん集 | Comments(6)
悲しい事は、忘れない。
嬉しかった事は、すぐに忘れてしまうけどもね。
高橋 竹山 (津軽三味線奏者)

つい先ほど、NHK(BS)の番組を見ていて出てきた言葉。
メモ替わりにBlogに残しておく。

高橋 竹山 (1910-1998):
三味線奏者。
目は幼い頃に殆ど見えなくなり、裕福でもなかった竹山は生活の為に三味線の師匠に弟子入りする。
戦後、全国を興行し「津軽三味線」の名を全国に知らしめた名奏者となる。

差別・貧困にさらされて成長した苦労人らしい言葉。
なるほどなぁ、と思う。

でも、「辛かった」・「苦しかった」と語り、その頃を思い出しながら弾くという竹山の三味線の音は、力強い津軽三味線のメロディに乗りながらも何故かとても軽やかな感じがした。


参考リンク:
山本竹勇・津軽三味線の世界 (http://tikuyu-shamisen.com/)
[PR]
by jemini-web | 2005-01-23 22:41 | ▼ めーげん集 | Comments(3)
If you wanna be somebody,
If you wanna go somewhere,
You better wake up and pay attention.


from "Sister Act2" and "Pay Attention" by Valerie Andrews And Ryan Toby

そういや、今年で成人してから10年やねんな。

この10年、俺は目を開けとったか?
注意して周りを見とったか?

...「出来た」と言う自信はない。
あと10年、問い続けるしかないやろな。

そんな気になった一日。

天使にラブ・ソングを2
/ ブエナビスタ・ホームエンターテイメント
ISBN : B0001LNN70
スコア選択: ※※※※※
[PR]
by jemini-web | 2005-01-11 23:15 | ▼ めーげん集 | Comments(2)
Excite社長、山村氏のBlogがアップされていました。
(3日も前の更新じゃないかって?最近、ちょっとご無沙汰だったんよねー。)

んで、最近マレに見るめーげんのオンパレードだったので、ご紹介をば。

朝から、ブログの担当者がきて、エキサイトブログの新機能を宣伝しろと言う。

「いやだい、あちきはブログではてめえの宣伝はしないんだい。」
「じゃ、社長のブログはただの趣味ですかい?」
「そうだよ。悪いのかい?」
「悪いです。」
「うるせい!!」
「頭ごなしに怒るのは最低の上司ですねえ!」
「ちきしょう。てめえなんか今日から部下でも社員でもなんでもねえ!!」
「そうですか。こっちも願い下げですよ。」

 と言って、たわ君は自分の席へくだを巻きながら戻っていった。

「社長のブログはただの趣味」...あっはっは。全くもって、正しい!!
仕事として書かれても、こっちゃ何の面白みもないですもんねぇ。
まあ、政治屋さんなんかで仕事としてお書きになっている方もいらっしゃいますが、基本的にBlogの文化ってのはあんまりそういうのには向いてない感じがしますね。

そう、「たこ焼き」や「いか焼き」を料亭で出されても、あんまり嬉しくないのと同じ。
(↑無理にたとえ話を持ってこようとして失敗している俺。)

「頭ごなしに怒るのは最低の上司」...いや、これはちょっと真面目な話になっちゃいますが、本当の話。
短期的な仕事のウチで「ハッパをかけるためにどやす」のは効果がありますけど、長期的にはモチベーション下げちゃいますからね。
しかし、たわ氏の「売り言葉」もご立派だが、社長の「買い言葉」もなかなか。

できれば、この会話がノンフィクションであって欲しいとおもうこのごろ。

とりあえず、「頭ごなしに怒るのは最低の上司」、このめーげんを皆さんも会社で実践してみましょう!!
(おいこら、またそーゆー不穏当な事を...)
[PR]
by jemini-web | 2004-07-25 10:21 | ▼ めーげん集 | Comments(5)