羽(∪_∪)羽”
by ぢぇみに
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Infomation
【迷惑トラバ対策実施中】
本ブログは『それなり』に健全な方を対象としています。
ネットで気持ちよく遊ぶためのマナーとして、トラックバックの際には、対象記事へのリンクをお願いしまするぅ。




■点取り占い様■点取り占いブログパーツ

↑、放浪猫さんの放浪猫の遊び場で教えてもらいました~

AX
ブログジャンル
検索
ファン
カテゴリ
全体
◆ Profile ◆
▼ 路傍観察レポート
▼ 散歩すすんで...
▼ イヌカン
▼ ごくたん
▼ ぢぇみにコレクション
▼ TrackBackIvent
▼ ぶろぐ千社札
▼ NIOHNGO研究室
▼ めーげん集
▼ Books & Movies
▼ セカイノケッペン
▼ LinkLink!!
▼ 只今外出中
未分類
最新の記事
伊予行脚 -こま-
at 2017-10-09 22:43
朝ポタ(4)
at 2017-10-09 07:06
うへ
at 2017-10-08 10:39
朝ポタ(3)
at 2017-10-07 08:44
伊予行脚 -ふきあげ-
at 2017-10-03 00:07
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
タグ
(100)
(92)
(52)
(37)
(37)
(31)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
(16)
(6)
(6)
(4)
(3)
(2)
最新のコメント
で、調べてみた。 …わ..
by jemini-web at 23:34
▽ 阿壇さん: おめで..
by jemini-web at 22:35
明けましておめでとうござ..
by as-o2 at 15:41
▽ こづつみさん: 布..
by jemini-web at 23:30
そこに「横溝注意」の看板..
by kozutuming at 08:31
▼ こづつみさん: あ..
by jemini-web at 19:47
▼ どっさん: モダン..
by jemini-web at 19:42
猫の恩返しの猫王様はコレ..
by kozutuming at 23:35
美術館らしい展示はあまり..
by Doss_net at 23:30
▽ 阿壇さん: ああな..
by jemini-web at 18:03
他の地域では昔「白い..
by as-o2 at 16:14
▽ こづつみさん: そ..
by jemini-web at 11:29
いいですね~ からくり..
by kozutuming at 22:27
さかな君カッコいいですよ..
by coeurdefleur at 23:11
▽ 柊さん: しーっ!..
by jemini-web at 22:25
ギョうさん やわ〜^ ^
by coeurdefleur at 12:01
▽ 阿壇さん: 朝の撮..
by jemini-web at 22:55
▽ こづつみさん: サ..
by jemini-web at 22:45
桜の季節ですねぃ。私も撮..
by as-o2 at 19:12
あらま、サバではないので..
by kozutuming at 01:16
最新のトラックバック
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
我が家の場合(re:スー..
from Adan Kadan Blog
久しぶりの、トラック・バ..
from 『どBlog』
東照宮 @日光
from 無為に時を過ごす/二度出し御免
いやもうただ
from footprint2mina 
いくらなんでも どんだけ~?
from 異次元同調亜空間振動装置
忘れていた忘れ傘
from 異次元同調亜空間振動装置
双空
from 北の夢想科学小説
ライフログ
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧

あわせて読みたい

カスタマイズに特化したブラウザ Sleipnir。上級者のために。
と、いうわけで

a0004423_10175016.jpg

うみー!


...いや、これはもうやったか

バスに揺られて、やってきたのは福山市 鞆地区(旧 鞆町)。

瀬戸内海の一角に位置する、古い港です。


で、なぜ海に来なければならなかったのか?
それには、さして深くない訳があるのです。

[More...]
[PR]
by jemini-web | 2013-02-25 01:25 | ▼ 路傍観察レポート | Comments(0)
参上!

ああっ!ひとにむかってものをなげるでない、と君たちは学校のせんせーに習わなかったのか!!



...ということで、阪急は大宮駅を降りて少し北にのぼると京都三条会商店街。

今回はここから三条通りを東に突き抜けるプラン。
いや、プランという程のものではなく、「まあだいたいそんな感じで散策するぞ」って事ですが。

と、しょっぱなから少し通りを外れてこんな神社へ。

a0004423_22165081.jpg
武信稲荷神社


平安初期に創祀された神社で、「武信」というのはこの神社を熱心に信仰した藤原武信という人の名なんだそうな。

あまり広い境内ではないんだけど、緑豊かで落ち着きのある感じ。
中央と左右に敷石の通路が延びていて、なかなかこういう雰囲気のある神社はありませんよ。

[More...]
[PR]
by jemini-web | 2010-05-31 00:09 | Comments(0)
おやおやおやおや。
もう大晦日じゃないか。

と言う事で、滑り込みで龍馬関連。

京都三条と四条の中間辺り、河原町通りと高瀬川で挟まれたブロックにあるお稲荷さんが、土佐稲荷こと、岬神社。

a0004423_0164926.jpg


いや、別に龍馬がお稲荷さんとして祀られているワケではないんですけどね。

[More...]
[PR]
by jemini-web | 2009-12-31 01:53 | Comments(0)
ニュースサイトをふらふらと眺めていると、こんな見出しが目に付いた。

竜馬襲撃の報告文書を発見 「寺田屋事件」でけが負い逃走(NIKKEI NET)

ん?

「寺田屋事件」は薩摩藩士の同士討ち事件を指す言葉なので、坂本龍馬と三吉慎蔵が寺田屋で幕吏に捕らえられそうになったのは「寺田屋の遭難」なんじゃない?と思った

...のですが、後で調べてみると、坂本龍馬遭難の件も「寺田屋事件」と呼ぶみたい。
ああ、ややこしやややこしや。


というわけで、前回の記事に続いて龍馬探訪。

と言っても、寺田屋については既にUPしているので、その後日談と言いますか、なんと言いますか。

[More...]
[PR]
by jemini-web | 2009-12-16 00:50 | ▼ 散歩すすんで... | Comments(2)
さてさて「」タグをつけてちょいちょいと載せています龍馬探訪シリーズ。

今年中に載せとかないと、なんか大河ドラマ便乗みたいでアレなので、そろそろ行っておこう。



と言うわけで、神戸海軍繰練所跡。
a0004423_0191135.jpg


幕府の海軍奉行、勝海舟の献策によって1863年に造られた海軍学校で、塾頭(であったかどうかは異論があるけど)の坂本龍馬をはじめ、各地からその技術を学びに200名もの若者達が集まったそうな。

しかし禁門の変で一部塾生が反乱軍に加わったため、「過激派を国費で養成しておるのか!」との嫌疑をかけられて僅か2年で閉鎖。海軍学校も解散となった。
龍馬も海舟の下を離れて薩摩藩 西郷隆盛・小松帯刀らの庇護の下に入る事となるが、その龍馬が後に倒幕のため結ばれた薩長同盟のキーマンとなるのだから、歴史の流れというのはどうにもこうにも。

[More...]
[PR]
by jemini-web | 2009-12-15 00:51 | ▼ 散歩すすんで... | Comments(2)
♪ 空に~ なびぃく~

a0004423_22511542.jpg
♪ 希望の~は~た~は~ぁぁぁぁ

a0004423_2251556.jpg
♪ 明日へ~と 舵とる~。 このふね~ のしるし~

♪ 嵐に~ 揉まれて~ 流され~ よーおと~

♪ 海図を~ 片手に~ 自由に~ 進む~

[More...]
[PR]
by jemini-web | 2009-08-05 23:20 | ▼ 散歩すすんで... | Comments(2)
さてさて、龍馬通りを通って亀山社中跡に辿り着いたブログ主ですが...

その亀山社中跡の向かいに、見晴らしの良い場所がありまして。

とある像が造られている。

a0004423_23191136.jpg





...正直、その発想は無かったよ。

[More...]
[PR]
by jemini-web | 2009-08-02 23:41 | ▼ 散歩すすんで... | Comments(6)
さてさて、長崎訪問期もいよいよ最大の山場を迎えました。

いや、これから風頭山への坂を登るから、とかそういう意味ではなくて、
a0004423_2213553.jpg

このブログでも何度か「龍」タグシリーズで掲載している、龍馬巡りの一環だから、ですよ。

(風頭山にも登るんやけどね。)

[More...]
[PR]
by jemini-web | 2009-08-01 23:30 | ▼ 散歩すすんで... | Comments(2)
a0004423_0141094.jpgさてさてまたもや龍馬ネタ。

この日(2008/9/28)に訪れたのは、京都は中京区河原町三条下ル一筋目の酢屋。

ここは何かと言えば、坂本龍馬の率いた海援隊の京都本部...というか、龍馬たち海援隊の一行が、寝泊まり含め京都でお世話になっていたお店になります。

a0004423_0141729.jpg
写真を見ればすぐに分かりますが、建物自体は当時のものは残っていなくて建て直されています。

また、酢屋にあった遺品に関しても、その多くが龍馬暗殺後に新撰組の手入れを避ける為に処分されたとの事で、そういうリアルな「モノ」を期待していくとちょっと外した気になるかも知れません。

でも、いわゆる京都の町の典型的な「うなぎの寝床」構造はそのままだし、当時の酢屋の建物の写真や、地図、ねきを流れる高瀬川で曳子(舟曳き人夫)がを曳いてのぼってゆく写真なんかが飾られていて、「ああ、こんな所で龍さんは走り回ってたんだなぁ」というイメージが湧いてきます。

また、この酢屋の一角で、慶応二年十二月四日 乙女姉さんにあてた例の書状が書かれたとの事で、それもまた感慨深い。

そうやって楽しむという意味では、ちょっと上級編の龍馬スポットかな?

ちなみに11月14日~30日までは「龍馬追悼展」を開催とのこと。
うん、もう一度行ってみよう。


ちなみに屋号は「酢屋」だけども、酢屋さんは代々材木問屋を営んでこられて、現在は木の創作工芸を扱ってらっしゃいます。(HP)

そしてもう一つ、重要な事が。
酢屋さん、2階が龍馬関連のギャラリーになっているんですが、見学する際にお店の方が案内をして下さいます。

で、

この案内して下さったお嬢さんがめちゃくちゃ可愛いかった!

ここはポイントです。はい。

以上 (←おいっ!)

(いや、冗談はさておいても、京都風の言葉遣い(大阪とはちょっと違うんですよ)での説明は、そうこうしている間にも龍馬がふっと酢屋に帰って来そうな親しみが込められていて、聞いていてとても気持ちが良い。
関東圏のかたには申し訳ないですけど、いわゆる標準語では、どうしてもこの辺りの「味」が出せないんですよね。そういう心理面も含め、案内のお嬢さんにはハナマルをあげたいと思います。)

[PR]
by jemini-web | 2008-10-15 00:53 | ▼ 散歩すすんで... | Comments(6)
焼け付くような夏の日差し。

青い空。

そして、青い海。

a0004423_23335771.jpg
太平洋に面する土佐湾の海岸。

とくれば、いわずもがなの、桂浜。

[More...]
[PR]
by jemini-web | 2008-09-25 00:31 | Comments(2)