人気ブログランキング |
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Infomation
【迷惑トラバ対策実施中】
本ブログは『それなり』に健全な方を対象としています。
ネットで気持ちよく遊ぶためのマナーとして、トラックバックの際には、対象記事へのリンクをお願いしまするぅ。
ブログジャンル
検索
ファン
カテゴリ
全体
◆ Profile ◆
▼ 路傍観察レポート
▼ 散歩すすんで...
▼ イヌカン
▼ ごくたん
▼ ぢぇみにコレクション
▼ TrackBackIvent
▼ ぶろぐ千社札
▼ NIOHNGO研究室
▼ めーげん集
▼ Books & Movies
▼ セカイノケッペン
▼ LinkLink!!
▼ 只今外出中
▼ ぽたりんぐ
未分類
最新の記事
朝ポタ(貯)
at 2019-05-04 12:52
朝ポタ(復)
at 2019-05-02 10:36
御所の細道(再)
at 2019-04-05 22:54
鶺鴒
at 2019-03-02 20:33
朝ポタ(蘭)
at 2019-02-24 11:16
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
タグ
(100)
(93)
(52)
(38)
(37)
(31)
(24)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(8)
(6)
(4)
(3)
(2)
最新のコメント
おぉう、連番振り間違えと..
by jemini-web at 13:14
で、調べてみた。 …わ..
by jemini-web at 23:34
▽ 阿壇さん: おめで..
by jemini-web at 22:35
明けましておめでとうござ..
by as-o2 at 15:41
▽ こづつみさん: 布..
by jemini-web at 23:30
そこに「横溝注意」の看板..
by kozutuming at 08:31
▼ こづつみさん: あ..
by jemini-web at 19:47
▼ どっさん: モダン..
by jemini-web at 19:42
猫の恩返しの猫王様はコレ..
by kozutuming at 23:35
美術館らしい展示はあまり..
by Doss_net at 23:30
▽ 阿壇さん: ああな..
by jemini-web at 18:03
他の地域では昔「白い..
by as-o2 at 16:14
▽ こづつみさん: そ..
by jemini-web at 11:29
いいですね~ からくり..
by kozutuming at 22:27
さかな君カッコいいですよ..
by coeurdefleur at 23:11
▽ 柊さん: しーっ!..
by jemini-web at 22:25
ギョうさん やわ〜^ ^
by coeurdefleur at 12:01
▽ 阿壇さん: 朝の撮..
by jemini-web at 22:55
▽ こづつみさん: サ..
by jemini-web at 22:45
桜の季節ですねぃ。私も撮..
by as-o2 at 19:12
最新のトラックバック
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
我が家の場合(re:スー..
from Adan Kadan Blog
久しぶりの、トラック・バ..
from 『どBlog』
東照宮 @日光
from 無為に時を過ごす/二度出し御免
いやもうただ
from footprint2mina 
いくらなんでも どんだけ~?
from 異次元同調亜空間振動装置
忘れていた忘れ傘
from 異次元同調亜空間振動装置
双空
from 北の夢想科学小説
ライフログ
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧

あわせて読みたい

カスタマイズに特化したブラウザ Sleipnir。上級者のために。
過激にして愛嬌ありまくり! -外骨 稀代のジャーナリスト-
宮武外骨。

名前を聞いた事がある人には説明不要。
聞いた事が無い人には...何と言えばよいのか。

自ら編集に携わった雑誌で 生涯 入獄4回、罰金15回、発禁処分14回 という処分を受けながらも、いまだに「どこか憎めない、むしろ おもろい奴」として愛され続けているジャーナリスト。
とでも言えばいいでしょうか?
(注:もっとも骸骨が処分を受けた表現の中には、現代の感覚で言えば「え?この程度で処分???」と思わせるモノが少なくない。「言論の自由」っていうのは当時はものすごく制限されてたんですね。)

ジャーナリストとしても成功をおさめて吉原で豪遊したり、大コケして海外逃亡したり、なんとも波瀾万丈、奇想天外な生涯を送った人物ではあります。

で。

外骨の仕事とその周辺を振り返る、伊丹市立美術館外骨-稀代のジャーナリスト
行って参りました。

a0004423_18283849.jpg
(残念ながら午前に仕事が入った都合上、吉野孝雄・南伸坊両氏の対談には間に合わず。しかし凄い数の申し込みがあったようです。中には入れなかったんですけど、会場の脇を通ると廊下まで人が溢れてました。)





.


今回は絵画などの美術作品と違ってタイトルのついたモノではないので紹介しづらいんですが(「滑稽新聞大xx号 表紙」とか言ってもなんのこっちゃ?ですもんね)まあぼちぼちと。

a0004423_18285333.jpg今回はチケットがなかなか。
白地に黒い文字のみ、というモノトーンなデザインがかえってカッコイイ。
でも、右上の割り印(宮武外骨)って何の意味が?

a0004423_18291414.jpgアップで撮ってみると解るでしょうか?亀の絵が浮き出ています。
外骨の少年期の名が「亀四郎」で、亀は外側に骨のある(甲羅の事ね)から、との事で「外骨」と称し、登記上の名前も改めたそうな。

にしてもこのチケットのデザインは良いなあ。
デザインされた方は相当な方とお見受けいたす。

外骨所有の印鑑

"宮武外骨"、"是本名也"と彫られた印鑑 数点。
わざわざ"これ 本名ナリ"なんてモノを作るとは、これはもうパフォーマンス・アートのタグイじゃないですか。
"宮武外骨"と彫られた中には...牛かな?動物をかたどったものもあり、なかなか興味深い。結構おしゃれ好きだったようです。外骨さん。

宮武外骨 遺品

眼鏡や置き時計、名刺など。
何と言っても財布が凄い!黒地の布に、白いガイコツが刀を持ったデザインです。
腐敗官僚やユスリ(*)記者を滅多斬りしていた外骨にふさわしいデザインです。
置き時計は...ホントに明治~昭和初期のモノ???緑色のガラス?に時計の機構をはめ込んだ、普通に現代の百貨店で置いてそうなシロモノなのですが。

(*) 外骨の事を語る時、必ず「ユスリ」という単語はゴシック系の太文字にするというお約束があります...って、お約束だったのか?俺?

教育画報 ハート (第壱号~第参号)

外骨主催の滑稽新聞社が出した子供向け(ホントに?)雑誌、「ハート」。
華やかな表紙が当時(明治四十年)のモノとは思えないほど素晴らしい。

赤瀬川源平さんが「外骨という人がいた!」(筑摩書房)で述べられていたんですけど、表紙裏の煽り文がなんとも人を喰ってます。「これはなんとも素晴らしい本だからお隣の××さんにも、△△さんにも勧めてあげよう」みたいな文章と、それを語っているという設定のご婦人・おばあさん・留学生(?)の絵がそれぞれの号のに掲載されてます。
...嘘くささ満点。まるでTVショッピングに出てるタレントさんの評価です。
外骨もむしろそれを狙ってたんじゃないかなぁ。

この雑誌、「売り上げ七万部に達しなければ即廃刊」と決めていたそうで、残念ながら本当に第参号で終了となったそうな。

滑稽新聞 (裸婦)

「(裸婦)」はオイラが勝手に名付けてるんですけど、浮世絵のタッチで描かれた裸婦像。
...といってもバラバラに切断され、ランダムに並び替えられた状態になってます。で、横に「このご時世こうでもしないと当局が文句を言ってきて載せる事も出来ない」なんてぼやきを入れてる。

江戸時代には「芸者・遊女の浮世絵を描く事まかりならん」と禁ぜられた時代に歌川国芳という絵師が「どうだぃ、こりゃ芸者の絵じゃねぇぞ!」と猫に着物を着せた芸者の絵を描いたという話もありますが、何ともね...外骨や国芳の反骨精神は、なかなかに、なかなかなのです。

滑稽新聞 (デジタル画)

いや、別に本当にデジタルという訳じゃないんですけどね。



こんな感じに、横に長い四角があって、それが何段にも積み重なっている。
その四角の中に切れ込まれたスペースがあって、それが絵のようになってるんですね。
...って自分で書いてて「なんのこっちゃ?」と思いましたが。

まあそんな感じでまるで初期のデジタル画...という感じ。当然、デジタルなんて思想の無い時代の絵なんですが。
なんともその先進的なデザイン感覚に脱帽。


滑稽新聞の画を描いていたのは墨池亭黒坊をはじめとする匿名の絵師なんですが...なんともまあ「自由な」というか、「無茶苦茶な」とういうか、そんな中にきらりとしたものを見せている。
単に「変な絵」で終わっていないところが、すんばらしい。


a0004423_18293588.jpg今回はポストカードセット(¥1,300也)を購入。
「スコブル」「ハート」「滑稽新聞」...デザインの良さが分かるでしょうか?

a0004423_18294968.jpg裏面がちょっとだけ凝ってます。
「きかは便郵」と、当時のように右から左方向に書いてあります。
切手を貼る位置の亀もまたキュート。

...チケットといい、この展覧会への意気込みと、外骨に対する展覧会スタッフの愛情を感じますね。
あるいは悪ノリしてる?


入場料は大人700円、大学・高校生が350円、小・中学生が100円ととってもリーズナブル。
(でも、小・中学生に滑稽新聞は...ちとオトナすぎるかなぁ。)
会期は2/17まで。

「過激にして愛嬌あり」。
そんな外骨に興味を持った方は、是非その目で見てみましょう!
by jemini-web | 2008-01-20 22:39 | ▼ 散歩すすんで... | Comments(0)
<< いどー中 桃××× >>