羽(∪_∪)羽”
by ぢぇみに
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Infomation
【迷惑トラバ対策実施中】
本ブログは『それなり』に健全な方を対象としています。
ネットで気持ちよく遊ぶためのマナーとして、トラックバックの際には、対象記事へのリンクをお願いしまするぅ。
ブログジャンル
検索
ファン
カテゴリ
全体
◆ Profile ◆
▼ 路傍観察レポート
▼ 散歩すすんで...
▼ イヌカン
▼ ごくたん
▼ ぢぇみにコレクション
▼ TrackBackIvent
▼ ぶろぐ千社札
▼ NIOHNGO研究室
▼ めーげん集
▼ Books & Movies
▼ セカイノケッペン
▼ LinkLink!!
▼ 只今外出中
未分類
最新の記事
朝ポタ(試)
at 2018-08-12 09:04
朝ポタ(black prin..
at 2018-08-01 06:54
生存報告
at 2018-07-31 15:45
朝ポタ(攣)
at 2018-05-06 09:10
朝ポタ(流)
at 2018-04-21 13:15
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
タグ
(100)
(92)
(52)
(38)
(37)
(31)
(24)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(6)
(6)
(4)
(3)
(2)
最新のコメント
おぉう、連番振り間違えと..
by jemini-web at 13:14
で、調べてみた。 …わ..
by jemini-web at 23:34
▽ 阿壇さん: おめで..
by jemini-web at 22:35
明けましておめでとうござ..
by as-o2 at 15:41
▽ こづつみさん: 布..
by jemini-web at 23:30
そこに「横溝注意」の看板..
by kozutuming at 08:31
▼ こづつみさん: あ..
by jemini-web at 19:47
▼ どっさん: モダン..
by jemini-web at 19:42
猫の恩返しの猫王様はコレ..
by kozutuming at 23:35
美術館らしい展示はあまり..
by Doss_net at 23:30
▽ 阿壇さん: ああな..
by jemini-web at 18:03
他の地域では昔「白い..
by as-o2 at 16:14
▽ こづつみさん: そ..
by jemini-web at 11:29
いいですね~ からくり..
by kozutuming at 22:27
さかな君カッコいいですよ..
by coeurdefleur at 23:11
▽ 柊さん: しーっ!..
by jemini-web at 22:25
ギョうさん やわ〜^ ^
by coeurdefleur at 12:01
▽ 阿壇さん: 朝の撮..
by jemini-web at 22:55
▽ こづつみさん: サ..
by jemini-web at 22:45
桜の季節ですねぃ。私も撮..
by as-o2 at 19:12
最新のトラックバック
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
我が家の場合(re:スー..
from Adan Kadan Blog
久しぶりの、トラック・バ..
from 『どBlog』
東照宮 @日光
from 無為に時を過ごす/二度出し御免
いやもうただ
from footprint2mina 
いくらなんでも どんだけ~?
from 異次元同調亜空間振動装置
忘れていた忘れ傘
from 異次元同調亜空間振動装置
双空
from 北の夢想科学小説
ライフログ
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧

あわせて読みたい

カスタマイズに特化したブラウザ Sleipnir。上級者のために。
鞍馬の嵐樹
さてさて、「鉄輪」の話を追う中で貴船神社にまで足を伸ばした当ブログの主ですが、その辺りの地図を見ると当然もう一つの施設に目が行く事でしょう。

そう、貴船神社のある貴船山と、鞍馬寺のある鞍馬山は隣接しているのです。


なので、貴船神社のすぐ近くには鞍馬寺の西門があって、徒歩で相互に行き来する事ができるのですが...


ここで注意!

運動不足を自認している人は、貴船(鞍馬寺西門)から鞍馬へ抜ける事は考えないようにしましょう!但し逆ルートはOK。

(最初から高低差100mほどの坂を登らないといけません...。いやまじで、日頃運動不足のクセに、軽い気持ちでこのルートに入ったおいらは死にましたよ。後でWikipediaで「鞍馬寺」みたら、「山をひとつ越えることになるので鞍馬側から登るより大変である。成人男性でも50分ほどかかる。 」って書いてやんの。)




a0004423_0591358.jpg
登山道を入ってすぐの所に、童子を連れた不動明王の像が。
通常、道祖神的な役割は地蔵さんが担っているんですが、この辺りが何というか、鞍馬らしい。
そして背面の炎が強い風になびいているのが、なんともすごい。


そこから暫く進むと、今回の記事のメインディッシュと出会う。

a0004423_123926.jpg
...
a0004423_125095.jpg
......
a0004423_125779.jpg
.........
a0004423_13642.jpg
............

「嵐樹」なんて言葉はもちろん存在しない言葉なんだけど、これはもう、そう表現するしかない。

京都御苑にもすごい樹はあるんだけど、これと比べれば京都御苑の方は都会的に洗練されてるのがよく解ります。

こちら鞍馬の木の方は...プリミティブなパワーが炸裂しているというか、生命の本質がむき出しになって暴れているというか、なんというか...これは、ひどい。

いや、これは、すごい。 (©ゆうきまさみ@機動警察パトレイバー)


樹木が何かを語るなんて事はあり得ないし、それ以前に何かを語るだけの意思というものさえ持っていない...はずだ。

にもかかわらず、この雄弁さは一体なんなんだ!?
[PR]
by jemini-web | 2009-01-07 01:28 | ▼ 路傍観察レポート | Comments(2)
Commented by Doss_net at 2009-01-07 21:57
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すごい、です。
伝わってきます。
ひとつの物体の写真を4枚並べていることからも
すごさが窺えます。
Commented by jemini-web at 2009-01-08 00:33
▽ どっさん:
一本です、一本!
こんな木がそこら中にうじゃうじゃあったら、その先にあるのは鞍馬寺じゃなくて悪い魔女の待つお菓子の家ですよ~
<< 鞍馬の魔王 イガコレ >>